鼻炎に効果的な漢方の選び方

    一般的な症状や対処法について

    鼻炎とは、その名の通り、鼻粘膜に起こる炎症による「鼻の疾患」のこと。鼻炎の症状としては、くしゃみ、鼻水、鼻づまりがよく知られています。

    ウイルスやアレルギーの原因物質(花粉やダニ、ホコリなど)などの異物が体内に入ると、体はこれらの物質を排除しようとします。この働きにより、鼻粘膜の知覚神経が刺激されてくしゃみが出ます。このような鼻粘膜が炎症を起こし、くしゃみや鼻水など過剰な免疫反応が「鼻炎」の正体です。
    つらい鼻炎ですが、生活習慣や食事、運動、服装の工夫などによって症状が緩和できるといわれています。
    治療方法は、主に対症療法で抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬、抗コリン薬、血管収縮成分などが用いられます。

    漢方の考え方

    漢方では、鼻炎はアレルゲンなどの外因だけでなく、からだの体質である内的要因(内因)が関わってくると考えます。
    漢方薬では、鼻水のもととなる水分の代謝を改善、アレルゲンに負けないよう防御力を高めます。眠くなる成分が含まれていません。

    あなたの鼻炎の状態をチェックしてみませんか。チェックが多いようなら、漢方薬でのケアがおすすめです。

    鼻炎

    一番悩んでいる症状、あてはまる症状が多いものが
    あなたのタイプかも!

    水っぽい鼻水が出る

    小青竜湯 小青竜湯
    • 透明でサラサラした鼻水が出る
    • くしゃみが止まらない
    • 毎年花粉の時期がつらい
    • 身体が冷えると悪化

    商品表示方法:
    ピックアップ
    サムネイル

    1点の商品があります。

    • 小青竜湯

      しょうせいりゅうとう
      第2類医薬品

      眠くなる成分が入っておりません。

      ●「小青竜湯」は、漢方の古典といわれる中国の医書『傷寒論[しょうかんろん]』に収載されている薬方です。
      ●うすい水様のたんを伴うせきや鼻水が出る方の感冒、アレルギー性鼻炎、花粉症などに効果があります。

      価格

      1,540円

      (税込)
      (70ポイント)