鼻炎に効果的な漢方の選び方

一般的な症状や対処法について

鼻炎とは、その名の通り、鼻粘膜に起こる炎症による「鼻の疾患」のこと。鼻炎の症状としては、くしゃみ、鼻水、鼻づまりがよく知られています。

ウイルスやアレルギーの原因物質(花粉やダニ、ホコリなど)などの異物が体内に入ると、体はこれらの物質を排除しようとします。この働きにより、鼻粘膜の知覚神経が刺激されてくしゃみが出ます。このような鼻粘膜が炎症を起こし、くしゃみや鼻水など過剰な免疫反応が「鼻炎」の正体です。
鼻炎と言えば、花粉症やハウスダストなどで有名なアレルギー性鼻炎のほかに、かぜの諸症状に含まれる急性鼻炎やその慢性化による慢性鼻炎があり、また炎症が鼻腔にまで及んだ副鼻腔炎・蓄膿症もあります。
つらい鼻炎ですが、生活習慣や食事、運動、服装の工夫などによって症状が緩和できるといわれています。
治療方法は、主に対症療法で抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬、抗コリン薬、血管収縮成分などが用いられます。

漢方の考え方

漢方では、鼻炎はアレルゲンなどの外因だけでなく、からだの体質である内的要因(内因)が関わってくると考えます。
漢方薬は、鼻水のもととなる水分の代謝改善し症状を抑え、アレルゲンに対し抵抗力を高めます。眠くなる成分が含まれていません。
漢方薬の使い分けでは、炎症症状の程度が重要な基準となります。例えば、黄色く粘り気の強い鼻水が出て鼻づまり感が強い、目が真っ赤に充血して顔ののぼせ感もある、ニキビなどの炎症傾向の強い皮膚炎が認められるなど、このような症状がみられる場合には熱を冷ます働きの強い漢方薬が適しています。

あなたの鼻炎の状態をチェックしてみませんか。
よりチェックの多いものや、一番気になる症状があるものが、あなたにおすすめの処方です。

鼻炎

一番悩んでいる症状、あてはまる症状が多いものが
あなたのタイプかも!

水っぽい鼻水が出る

小青竜湯
  • 透明でサラサラした鼻水が出る
  • くしゃみが止まらない
  • 毎年花粉の時期がつらい
  • 身体が冷えると悪化

つらい鼻づまり

荊芥連翹湯
  • 鼻づまり
  • 黄色く粘い鼻水
  • 鼻の熱感、乾燥感
  • 目の充血
  • ニキビができやすい

商品表示方法:
一覧
サムネイル

2件の商品があります。

第2類医薬品

荊芥連翹湯

けいがいれんぎょうとう

●慢性鼻炎やにきびのある方に
●炎症を抑えることで、慢性鼻炎・蓄膿症などの症状を改善します。

価格

1,870円

(税込)
(17ポイント)
お買い物かごに入れる
第2類医薬品

小青竜湯

しょうせいりゅうとう

●鼻水、花粉症やアレルギー鼻炎でお悩みの方に
●うすい水様のたんを伴うせきや鼻水が出る方の感冒、アレルギー性鼻炎、花粉症などに効果があります。

風邪セール
価格

1,540円

(税込)

1,210円

(税込)
(11ポイント)
お買い物かごに入れる