尿トラブルに効果的な漢方の選び方

一般的な症状や対処法について

尿トラブルの症状は、頻尿、残尿感、尿もれ、排尿痛、 尿の混濁、夜間尿 などがあります。人には相談しにくく、悩みながらも対処にお困りの方も多いのではないでしょうか。

尿トラブルの代表的な原因として、「細菌の感染により生じた膀胱粘膜の炎症」と「加齢による膀胱の排尿機能の低下」が考えられます。
「細菌の感染により生じた膀胱粘膜の炎症」による尿トラブルには抗菌薬などが用いられ、「加齢による排尿機能の低下」による尿トラブルは「年だから仕方ない」と諦めてしまう方も多くいらっしゃいます。

漢方の考え方

漢方では、「膀胱粘膜の炎症」による症状には、水分代謝を促すことで細菌を洗い流したり、膀胱粘膜の炎症をとりつつ、膀胱粘膜に栄養をつけることで抵抗力をつけ、症状を改善します。
加齢からくる症状は、「腎虚(じんきょ)」と捉えます。「腎虚(じんきょ)」とは加齢に伴って若さの源が減少してしまい、「腎」の機能が低下することを示します。特に、泌尿器系に症状が出やすいため、「腎」の働きを回復させることで尿トラブルを改善します。

「加齢に伴う尿トラブル」は、漢方薬の得意分野です!「年のせい」とあきらめる前に漢方薬を試してみてはいかがでしょうか。
いくつかの側面からあなたの尿トラブルのタイプを判断します。よりチェックの多いものや、一番気になる症状があるものが、あなたにおすすめの処方です。

尿トラブル

一番悩んでいる症状、あてはまる症状が多いものが
あなたのタイプかも!

トイレが近く、ツーンとした痛みがある

猪苓湯 猪苓湯
  • 排尿のあとに軽い痛みがある
  • 残尿感がある
  • トイレの回数が多い
  • 症状がなくなってもまた繰り返す
  • むくみを感じることが多い

加齢による尿トラブル

八味地黄丸 八味地黄丸
  • くしゃみをすると尿がもれる
  • トイレががまんできないことが多い
  • 夜中にトイレに起きる
  • 手足が冷えることが多い
  • 足腰が疲れやすい

加齢による尿トラブル

知柏地黄丸 知柏地黄丸
  • 強いほてり
  • 足を出して寝る
  • 足腰がだるい
  • むくみやすい
  • のどが渇き、水分を欲しがる

加齢による尿トラブル

牛車腎気丸 牛車腎気丸
  • 腰痛・しびれ
  • 下半身が冷えるとトイレに行きたくなる
  • 尿がでにくい
  • 足腰が冷えやすい
  • 足腰が疲れやすい

商品表示方法:
一覧
サムネイル

4件の商品があります。

第2類医薬品

八味地黄丸

はちみじおうがん

おしっこに時間がかかる・夜中にトイレで起きるなどの症状に

●「八味地黄丸」は、漢方の古典といわれる中国の医書「金匱要略(キンキヨウリャク)」に収載された薬方です。
●頻尿、排尿困難、高齢者のかすみ目、下肢痛などの症状に効果があります。

価格

1,210円

(税込)
(55ポイント)
第2類医薬品

猪苓湯

ちょれいとう

排尿痛、残尿感に

●「猪苓湯」は、漢方の古典といわれる中国の医書「傷寒論(ショウカンロン)」「金匱要略(キンキヨウリャク)」に収載されている薬方です。
●残尿感、尿量の減少や尿がでにくいなどの症状に効果があります。
●排尿時の痛みを緩和します。

価格

2,640円

(税込)
(120ポイント)
第2類医薬品

牛車腎気丸

ごしゃじんきがん

足腰が重だるく、「痛みやしびれ」を感じる方に
こんな症状に心当たりのある方におすすめの漢方薬です。
●慢性的にシクシク痛い
●動かすと痛いが、休むと楽になる
●冷えるととくに痛い
●手足が冷たい
●疲れやすい

価格

1,430円

(税込)
(65ポイント)
第2類医薬品

知柏地黄丸

ちばくじおうがん

ホットフラッシュなどで、顔や手足が強くほてり汗ばむ方に

●「知柏地黄丸」は、漢方の古典といわれる中国の医書「医宗金鑑 (イソウキンカン)」に収載されている薬方です。
●日本でもよく知られている「六味地黄丸(ロクミジオウガン)」に知母(チモ) と黄柏(オウバク) を加えた処方で口渇、疲れ・だるさなどの症状を伴う場合に用いられます。
●顔や四肢のほてり、排尿困難、頻尿、むくみに効果があります。

価格

1,650円

(税込)
(75ポイント)