ストレスに効果的な漢方の選び方

一般的な症状や対処法について

ストレスとは外部から刺激を受けたときに生じる緊張状態のことで、やる気を出させるなど良い刺激となる場合もありますが、本人にとって過度なストレスを受けると、精神的症状(イライラ、不安感、気分の落ち込みなど)、身体症状(食欲不振、不眠など)、行動的症状(作業効率の低下など)が現れます。
現代は「ストレス社会」と言われているほど、私たちの身の回りには沢山のストレスが溢れています。毎日を快適に過ごすためには、ストレスと上手くつきあっていくことが重要です。

薬に頼らない一般的な対処方法としては、自分にあったストレス発散方法を見つけたり、生活習慣(食事、運動、睡眠と休養)を見直して、からだの調子を整えることがよく行われます。

漢方の考え方

漢方では、ストレスによって「気」の巡りが悪くなってしまうことで、イライラや不安感などの症状が起こると考えます。「気」とは、現代でも「気分」「気持ち」という言葉にも使われるように、気分の変調に関与します。また、自律神経失調症状を“「気」のせいだよ”となだめられることもありますが、まさしくその通りで、このような自律神経の働きを支えるものも漢方では「気」と捉えます。「気」の巡りが良いと気分や体調がスッキリし、逆に巡りが悪くなってしまうと不安やイライラなどの情緒が安定しづらくなり様々な不定愁訴が現れます。
漢方薬は、ストレスによって乱れた「気」の巡りを整え、それに伴う身体のバランスの乱れも整えることで、「イライラ」「気分の落ち込み」「不安」「不眠」「のどのつかえ感」などの ”なんとなく不調”といった状態を改善します。こころだけでなく身体の症状にも一緒に働きかけられるためストレスと上手く向き合うことを手助けしてくれます。

あなたのストレスのタイプをチェックしてみませんか。よりチェックの多いものや、一番気になる症状があるものが、あなたにおすすめの処方です。

ストレス

一番悩んでいる症状、あてはまる症状が多いものが
あなたのタイプかも!

のどのつかえ感がある

半夏厚朴湯 半夏厚朴湯
  • のどに違和感を感じる
  • 仕事や生活などに不安がある
  • ついせき払いをしてしまう

なかなか眠れない

柴胡加竜骨牡蛎湯 柴胡加竜骨牡蛎湯
  • 寝つきが悪い
  • イライラしやすい
  • 普段からストレスを感じる
  • のぼせやすい
  • あれこれ考えて眠れなくなる

怒りっぽくなってきた

抑肝散加陳皮半夏
  • イライラしてつい人や物に あたってしまう
  • イライラが抑えられない
  • どちらかと言えば胃腸が弱い
  • 興奮すると手が震えることがある

商品表示方法:
一覧
サムネイル

3件の商品があります。

第2類医薬品

柴胡加竜骨牡蛎湯

さいこかりゅうこつぼれいとう

●ストレスでイライラする、不眠などでお悩みの方に
●「気」をめぐらせ、体にこもった熱を冷ますとともに、心を落ち着かせることで、脳の興奮からくる不眠を改善します。

価格

1,540円

(税込)
(14ポイント)
お買い物かごに入れる
第2類医薬品

半夏厚朴湯

はんげこうぼくとう

●気分がふさぐ、のどに違和感がある、不安を感じやすい方に
●不安神経症、のどのつかえ感、せき、しわがれ声などに効果があります。

価格

1,540円

(税込)
(14ポイント)
お買い物かごに入れる
第2類医薬品

抑肝散加陳皮半夏

よくかんさんかちんぴはんげ

●ストレスでイライラする、気分が鎮まらず落ち着かない方に
●神経がたかぶるものの神経症、不眠症、小児夜泣き、小児疳症に効果があります。

価格

1,760円

(税込)
(16ポイント)
お買い物かごに入れる