ストレスに効果的な漢方の選び方

一般的な症状や対処法について

病気ではないものの、なんとなく具合が悪いという、病気と健康の間の状態は、未病と呼ばれています。自律神経のバランスが乱れ、免疫力が低下している状態です。未病のサインは疲れといわれています。

漢方の考え方

いろいろな生活場面でストレスが体調に関与し、疲れを起こすため、未病の最も大きな要因のひとつがストレスだと考えられています。また、仕事や家事などがストレスを生み、ストレスが未病をまねいて、結果的にまた未病が仕事や家事にも影響するという悪循環が起こりやすいとされています。「病は気から」とよくいわれるように、ときとして心の状態は体に大きな影響を与えます。

漢方薬は、こうした心と体のデリケートな変化にも細やかに対応し、ストレスによる不安神経症、神経質、不眠の症状などを改善していきます。

ストレス

一番悩んでいる症状、あてはまる症状が多いものが
あなたのタイプかも!

のどのつかえ感がある

半夏厚朴湯 半夏厚朴湯
  • のどに違和感を感じる
  • 仕事や生活などに不安がある
  • ついせき払いをしてしまう

なかなか眠れない

柴胡加竜骨牡蛎湯 柴胡加竜骨牡蛎湯
  • 寝つきが悪い
  • イライラしやすい
  • 普段からストレスを感じる
  • のぼせやすい
  • あれこれ考えて眠れなくなる

商品表示方法:
一覧
サムネイル

2件の商品があります。

第2類医薬品

柴胡加竜骨牡蛎湯

さいこかりゅうこつぼれいとう

寝つきが悪い、ストレスなどでイライラする方の不眠・不安に

●「柴胡加竜骨牡蛎湯」は、漢方の古典といわれる中国の医書「傷寒論(しょうかんろん)」に収載されている薬方です。
●精神不安があってどうき、不眠などを伴う人の高血圧の随伴症状(どうき、不安、不眠)、神経症などに効果があります。

価格

1,540円

(税込)
(70ポイント)
第2類医薬品

半夏厚朴湯

はんげこうぼくとう

のどのつかえ感、不安神経症に

●「半夏厚朴湯」は、漢方の古典といわれる中国の医書『傷寒論[ショウカンロン]』『金匱要略[キンキヨウリャク]』の婦人雑病篇に収載されている薬方です。
●胃腸が弱く、気分がふさいで、咽喉・食道部に異物感があり、ときに動悸、めまい、嘔気などを伴う方の不安神経症、神経性胃炎、つわり、せき、しわがれ声に効果があります。

価格

1,540円

(税込)
(70ポイント)