高血圧の随伴症状に効果的な漢方の選び方

一般的な症状や対処法について

高血圧とは、血圧が基準値を超えて高く維持された状態で、 「痛い」「苦しい」などといった直接の症状が少ないため、なかなか実感がわきにくい病気ですが、脳卒中や心筋梗塞などの重大な疾患を起こす危険性を高めてしまいます。
目立った自覚症状は少ないですが、耳鳴り 、肩こり、頭痛 、動悸、息切れ 、めまいなどの高血圧の随伴症状を覚えることがあります。

高血圧やその随伴症状の対処、治療方法は、血圧を下げること。
基本的には、血圧を下げることに着目し、まずは食事、運動など生活習慣の改善からスタートします。
※<WHO(世界保健機関)の基準> 最高血圧140mmHg以上、または最低血圧90mmHg以上

漢方の考え方

漢方では、高血圧、それに伴う随伴症状の原因は、「ストレス」「加齢」「飲食不節」による「気」「血」「水」のアンバランスが原因と考えます。
漢方薬は、血圧そのものを下げるのではなく、からだ全体のバランスを整え血圧を正常に保つことで随伴症状に効果があります。

さまざまな症状などいくつかの側面からタイプを判断します。あなたの高血圧の随伴症状のタイプをチェックしてみましょう。
よりチェックの多いほうがあなたにおすすめの処方です。チェックが同じ数の場合は、一番気になる症状があるものを選んでください。

高血圧の随伴症状

一番悩んでいる症状、あてはまる症状が多いものが
あなたのタイプかも!

加齢による高血圧の随伴症状

七物降下湯 七物降下湯
  • 耳鳴りや肩こりがつらい
  • 疲れやすく、顔色が悪いと言われる
  • 体がだるい
  • 年々体が疲れやすくなっていて血圧が高い

加齢による高血圧の随伴症状

八味地黄丸 八味地黄丸
  • 夜間トイレで起きてしまう
  • 尿もれするときがある
  • 手足が冷えることが多い
  • 目がかすむ

加齢による高血圧の随伴症状

牛車腎気丸 牛車腎気丸
  • 足腰がだるい
  • 足がしびれる
  • むくみやすい
  • 手足が冷えることが多い

商品表示方法:
一覧
サムネイル

3件の商品があります。

第2類医薬品

牛車腎気丸

ごしゃじんきがん

足腰が重だるく、「痛みやしびれ」を感じる方に
こんな症状に心当たりのある方におすすめの漢方薬です。
●慢性的にシクシク痛い
●動かすと痛いが、休むと楽になる
●冷えるととくに痛い
●手足が冷たい
●疲れやすい

価格

1,430円

(税込)
(65ポイント)
第2類医薬品

七物降下湯

しちもつこうかとう

高血圧による耳鳴り、肩こりがある方に

●「七物降下湯」は、我が国近代の著名な漢方医学者大塚敬節先生が自身の高血圧症を治療するため創られた薬方です。
●身体虚弱な人ののぼせ、肩こり、耳なり、頭重など高血圧に伴う随伴症状に広く用いられています。

価格

1,430円

(税込)
(65ポイント)
第2類医薬品

八味地黄丸

はちみじおうがん

おしっこに時間がかかる・夜中にトイレで起きるなどの症状に

●「八味地黄丸」は、漢方の古典といわれる中国の医書「金匱要略(キンキヨウリャク)」に収載された薬方です。
●頻尿、排尿困難、高齢者のかすみ目、下肢痛などの症状に効果があります。

価格

1,210円

(税込)
(55ポイント)