かぜの諸症状に効果的な漢方の選び方

一般的な症状や対処法について

かぜは、ウイルスなどの感染により生じる上気道の炎症を主体とした急性炎症性疾患 の総称です。治療方法は一部の例外を除き対症療法となり、症状により抗炎症薬、抗ヒスタミン薬、鎮咳薬、去痰薬などで対応します。

漢方の考え方

漢方では、身体の状態によってかぜの治療方針を決めます。漢方の考え方では、かぜは大きく2つに分けられます。
ひとつは、はじめに背中がゾクゾクッとするタイプ。もうひとつは、のどが腫れて痛むタイプです。前者を「風寒のかぜ」、後者を「風熱のかぜ」と呼びます。
それぞれのかぜに対し、アプローチの方法が異なります。「風寒のかぜ」は身体を温め、体がもっている免疫力をサポートし改善します。逆に「風熱のかぜ」は炎症性の症状なので、炎症を冷ましながら熱を発散させ、症状を緩和します。

タイプにより選ぶ漢方薬は異なりますので、まずは自身の症状をしっかりと認識することが大切です。
漢方薬は、眠くなる成分が入っていない、タイミングと症状に合わせた処方で対応できますので、状態に合わせて使い分けてください。

かぜの諸症状

一番悩んでいる症状、あてはまる症状が多いものが
あなたのタイプかも!

かぜのひきはじめ、寒気、頭痛、肩こりに

葛根湯 葛根湯
  • ゾクゾクとさむけがする
  • 首肩がこわばる
  • 頭痛がする

ひきはじめでさむけ、発熱、節々が痛いかぜに

麻黄湯 麻黄湯
  • さむけが強い
  • ふしぶしが痛い
  • 発熱がある
  • 汗がでていない

こみあげるせき、せきこむ、からせきに

麦門冬湯 麦門冬湯
  • からぜきが出る
  • せきこむ
  • 乾燥するとせきが出る
  • 口が渇く

水っぽい鼻水が出る

小青竜湯 小青竜湯
  • 透明でサラサラした鼻水が出る
  • くしゃみが止まらない
  • 毎年花粉の時期がつらい
  • 鼻づまりがない

商品表示方法:
一覧
サムネイル

4件の商品があります。

第2類医薬品

葛根湯

かっこんとう

●かぜのひきはじめや頭痛、肩こりの方に
●かぜのひきはじめで、発熱して体がゾクゾクし、寒気がとれないような症状に効果があります。

価格

1,210円

(税込)
(11ポイント)
お買い物かごに入れる
第2類医薬品

小青竜湯

しょうせいりゅうとう

●鼻水、花粉症やアレルギー鼻炎でお悩みの方に
●うすい水様のたんを伴うせきや鼻水が出る方の感冒、アレルギー性鼻炎、花粉症などに効果があります。

価格

1,540円

(税込)
(14ポイント)
お買い物かごに入れる
第2類医薬品

麦門冬湯

ばくもんどうとう

●からぜきが続く、のどにたんがひっかかるような感じがして不快といった症状の方に
●気道や気管支の粘膜まで潤し、からぜきや気管支炎、しわがれ声の症状に効果があります。

価格

2,200円

(税込)
(20ポイント)
お買い物かごに入れる
第2類医薬品

麻黄湯

まおうとう

●かぜのひきはじめで、悪寒・発熱が強い方、関節痛や頭痛のある方に
●体を温めて発汗を促すことで、さむけや発熱、ふしぶしが痛むかぜを改善します。

価格

2,200円

(税込)
(20ポイント)
お買い物かごに入れる