麻黄湯クラシエ
麻黄湯クラシエ
麻黄湯クラシエ錠剤
麻黄湯クラシエ
麻黄湯クラシエ
麻黄湯クラシエ錠剤
第2類医薬品

麻黄湯

まおうとう

●かぜのひきはじめで、悪寒・発熱が強い方、関節痛や頭痛のある方に
●体を温めて発汗を促すことで、さむけや発熱、ふしぶしが痛むかぜを改善します。

在庫あり
25%OFF

2,200円(税込)

1,650円(税込)

15pt還元

内容量:
42錠(6錠×7日分)
1日分あたり 
314円/日
お買い物かごに入れる
使用上の注意と添付文書を必ずお読みいただき、ご同意の上、購入手続きにお進みください。
23時50分までのご注文で、翌営業日発送いたします。
※通常発送日から1~2日後のお届けとなります。地域や配送事情によってもう少し日数をいただく場合があります。営業日は月~金(土日祝・弊社休業日を除く)となります。送料について この商品のお問い合わせはこちら

商品説明

ひきはじめでさむけ、発熱、節々が痛いかぜに

  • さむけが強い
  • ふしぶしが痛い
  • 発熱がある
  • 汗がでていない

風邪のひきはじめで寒気が強く、発熱や頭痛があり、
身体のふしぶしが痛む症状におすすめ

check

動画で対象の症状・
飲み方・生活アドバイス等

わかりやすく解説!

症状と漢方の働き

風邪の初期で強い寒気に襲われると、毛穴が閉じ、汗がでずに、発熱や頭痛、節々の痛み等が起こります。これらの症状は、いずれもウイルスなどに抵抗する身体の防御反応です。
麻黄湯は、すばやく身体を温め、身体の抵抗力を高めることで、寒気や節々の痛み、頭痛、咳などの風邪の初期症状を改善します。眠くなる成分は入っていません。

生活アドバイス

風邪は引きはじめが肝心です。強い寒気を感じ、頭痛や発熱が出たら、布団や服などを多めに着て身体を冷やさないようにしましょう。
身体を温め、発汗を促すネギや生姜といった食材を取り入れ、栄養に富んだ消化のよい食べ物をとり、身体を安静にすることも大切です。

よくある質問

効能にある「体力充実して」という記載はどういう意味ですか?
元々比較的に体力がある方の症状に用いるものと解釈いただければと思います。麻黄湯は発汗作用を促す働きがあるので、元々体力がない方や虚弱な方が服用されてしまうと身体の負担になる可能性があります。
葛根湯、麻黄湯、銀翹散はどのように違うのでしょうか?
葛根湯も麻黄湯も、どちらも風邪の初期症状で寒気が強い場合に使用しますが、寒気が著しく、関節痛や高い熱、咳を伴う場合は麻黄湯。肩のこわばりがあり、頭痛・発熱などがある場合には葛根湯が使用されます。銀翹散は、風邪の初期で、のどの痛みに使用され、せき・頭痛を伴う場合にも使用できます。
麻黄湯と解熱鎮痛剤は併用できますか?
基本的には併用を控え、その時一番辛い症状に合わせてお薬をお選びください。
商品情報

「麻黄湯」は、中国の古典医学書「傷寒論(しょうかんろん)」に収載されている薬方です。古くよりかぜの初期症状に用いられています。
漢方では、寒気を引き起こすものを「寒邪」と呼びます。寒邪は体の表面から侵入し、ブルブルとした寒気を引き起こします。次第に体の表面から内側に侵入することにより、ふしぶしなどの痛みを発すると考えられています。
「麻黄湯」は、体を温めて、さむけや発熱、ふしぶしが痛むかぜを改善する漢方薬です。眠くなる成分が入っていないので、仕事や学校で眠くなりたくない方にも適しています。

漢方薬名

麻黄湯

商品名

麻黄湯エキスEX錠クラシエ

商品コード

01800

JANコード

4987045018008

リスク分類

第2類医薬品

効能・効果

体力充実して、かぜのひきはじめで、さむけがして発熱、頭痛があり、せきが出て身体のふしぶしが痛く汗が出ていないものの次の諸症:感冒、鼻かぜ、気管支炎、鼻づまり

剤型

錠剤

使用上の注意

使用上の注意を見る

用法・用量

1日3回食前又は食間に水又は白湯にて服用。
成人(15才以上)…1回2錠
15才未満5才以上…1回1錠
5才未満は服用しないこと
(用法・用量に関連する注意)
小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。

成分・分量

成人1日の服用量6錠(1錠300mg)中
麻黄湯エキス(2/3量)…1,280mg
〔マオウ・キョウニン各3.33g、ケイヒ2.67g、カンゾウ1.00gより抽出。〕
添加物として、タルク、二酸化ケイ素、クロスCMC-Na、ステアリン酸Mg、セルロース、ヒプロメロース、酸化チタン、マクロゴール、三二酸化鉄、酸化鉄、カルナウバロウを含有する。

保管および
取り扱い上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に、チャックをしっかりしめて保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。
(5)水分が錠剤につきますと、変色または色むらを生じることがありますので、誤って水滴を落としたり、ぬれた手で触れないでください。

添付文書

添付文書を見る