五苓散
五苓散
五苓散
五苓散
五苓散
五苓散
第2類医薬品

五苓散

ごれいさん

●お酒や水分の摂り過ぎで頭の痛む方に
●体が重だるく、むくみの気になる方に

在庫あり

1,540円(税込)

14pt還元

内容量:
84錠(12錠×7日分)
1日分あたり 
220円/日
お買い物かごに入れる
使用上の注意と添付文書を必ずお読みいただき、ご同意の上、購入手続きにお進みください。
23時50分までのご注文で、翌営業日発送いたします。
※通常発送日から1~2日後のお届けとなります。地域や配送事情によってもう少し日数をいただく場合があります。営業日は月~金(土日祝・弊社休業日を除く)となります。送料について この商品のお問い合わせはこちら

商品説明

お酒や水分の摂り過ぎで頭の痛む方に

  • 二日酔い(頭痛、吐き気など)
  • 雨天など気圧の変化で起こる頭痛でお悩みの方に
  • お酒を飲むとむくみやすい方に
  • 口が渇いて尿量が少ない方に

頭が重く痛む頭痛におすすめ

check

動画で対象の症状・
飲み方・生活アドバイス等

わかりやすく解説!

症状と漢方の働き

漢方では、頭部に余分な水が停滞するとエネルギーである「気」や栄養物質である「血」の流れが悪くなり、痛みが起こると考えています。
五苓散は、頭部に停滞した水分を除くことで、頭の重だるさや痛みを解消する漢方薬です。また、頭部に限らず、全身の余分な水分を除く働きがあるため、顔や手足のむくみ、吐き気、下痢といった水分の停滞あるいは過多状態によって起こる症状も改善します。

生活アドバイス

お酒・水分の過剰摂取は二日酔い、むくみの原因になります。適度な摂水・運動を心掛けましょう。
二日酔いには、しじみの味噌汁や大豆が良いと言われ、海藻、みかん、お酢などもお勧めです。

よくある質問

頭痛でつらいときに、服用して効果が出るまでにどれくらいの時間がかかりますか?
効果が出るまでの期間は、体質や症状によりさまざまです。添付文書の用法・用量を守ってお飲みいただき、1カ月位(急性胃腸炎、二日酔に服用する場合には5~6回、水様性下痢、暑気あたりに服用する場合には5~6日間)服用しても症状が良くならない場合は、服用を中止し、医師、薬剤師または登録販売者にご相談ください。
お酒を飲むと毎回のように二日酔いになります。予防的に服用しても良いですか?
効能効果にもありますように、症状が起きてから飲むお薬となっておりますので、二日酔いの症状が現れてからの服用をお勧めいたします。また、飲酒による頭痛や吐き気がある様でしたら、飲酒後に服用いただくことに問題はありません。
商品情報

「五苓散」は、中国の古典医学書「傷寒論(しょうかんろん)」や「金匱要略(きんきようりゃく)」に収載されている薬方です。 水湿の内停による症状に広く用いる薬方であり、口渇・尿量減少が処方の目標になります。のどが渇き、尿量が少ない方のむくみ、頭痛、めまい、腹痛や下痢、水を飲むとすぐに吐いてしまうなどの症状に効果があります。

漢方薬名

五苓散

商品名

クラシエ五苓散錠

商品コード

01226

JANコード

4987045012266

リスク分類

第2類医薬品

効能・効果

体力に関わらず使用でき、のどが渇いて尿量が少ないもので、めまい、はきけ、嘔吐、腹痛、頭痛、むくみなどのいずれかを伴う次の諸症:水様性下痢、急性胃腸炎(しぶり腹のものには使用しないこと)、暑気あたり、頭痛、むくみ、二日酔 (注)「しぶり腹」とは、残便感があり、くり返し腹痛を伴う便意を催すものを指します。

剤型

錠剤

使用上の注意

使用上の注意を見る

用法・用量

1日3回食前又は食間に水又は白湯にて服用。
成人(15才以上)...1回4錠
15才未満7才以上...1回3錠
7才未満5才以上...1回2錠
5才未満は服用しないこと
(用法・用量に関連する注意)
小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。

成分・分量

成人1日の服用量12錠(1錠400mg)中
タクシャ末・・・703mg、チョレイ末・・・422mg、ブクリョウ末・・・422mg、ソウジュツ末・・・422mg、ケイヒ末・・・281mg
添加物として、ヒドロキシプロピルセルロース、ケイ酸Al、ステアリン酸Mg、セルロースを含有する。
(成分に関連する注意)
本剤は天然物(生薬)を用いていますので、錠剤の色が多少異なることがあります。

保管および
取り扱い上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に、チャックをしっかりしめて保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。
(5)水分が錠剤につきますと、変色または色むらを生じることがありますので、誤って水滴を落としたり、ぬれた手で触れないでください。

添付文書

添付文書を見る