自律神経失調症でお悩みの方に効果的な漢方の選び方

一般的な症状や対処法について

自律神経とは自分の意志とは関係なく24時間休みなく身体を管理してくれる神経のことです。心理的ストレス・疲労・睡眠不足などの負担は、知らず知らずのうちにこの自律神経のバランスを乱して、心身に様々な影響を与えます。自律神経の失調によって起こる病は器質的な変化(例:胃痛なら胃の炎症など、患部に実際の変化がみられること)が認められず、日によって症状の軽重が変化したりするため、「気のせいかしら?」と見過ごしがちになることも少なくありません。

漢方の考え方

症状は気になるけど、原因もよく分からず、どんな治療をしたらいいのか分からない。。。
そのような症状に漢方薬を試してみませんか?

漢方では自律神経の失調症状を”気”の病と捉えます。気は身体の各部位の働きを支えるエネルギーのような存在で形のないものです。通常は十分に存在してすみずみにまで流れることで、気分は清々しく、また体ものびのびと円滑に動かすことができるようになります。

ところが、心理的ストレス・疲労・睡眠不足などの負担が積み重なると気の巡りが乱れて、気分の変調が起こったり、突然眠れなくなったり、咽に何かが引っ掛かる感じを覚えたり、動悸やめまいが起こったりと、目に見えない様々な変調が起こるようになります。漢方はこのような気の巡りの乱れを整えることで、自律神経の失調からくる様々な症状を鎮めます。

自律神経失調症でお悩みの方

一番悩んでいる症状、あてはまる症状が多いものが
あなたのタイプかも!

更年期障害

加味逍遙散
  • 更年期障害
  • いらだち
  • 肩こり
  • 月経不順

眠れない

柴胡加竜骨牡蛎湯
  • 寝つきが悪い
  • 動悸がする
  • イライラする
  • 便秘がち

のどに何かが引っ掛かる

半夏厚朴湯
  • のどのつかえ感
  • 気分がふさぐ
  • 吐き気がする
  • 緊張で咳払いをする

カッとなりやすい

抑肝散加陳皮半夏
  • 感情が高ぶりやすい
  • 怒鳴ってしまいがち
  • 緊張で手が震える
  • 胃腸がやや弱い

天気で体調が乱れる

苓桂朮甘湯
  • 動悸がする
  • めまい
  • ふらつき
  • 天候・気圧の変化で悪化する
  • むくむ

商品表示方法:
一覧
サムネイル

5件の商品があります。

第2類医薬品

加味逍遙散

かみしょうようさん

●精神不安やいらだちがある方の更年期障害に
●疲れやすい方の冷え症や、生理不順などに効果があります。

価格

1,650円

(税込)
(15ポイント)
お買い物かごに入れる
第2類医薬品

柴胡加竜骨牡蛎湯

さいこかりゅうこつぼれいとう

●ストレスでイライラする、不眠などでお悩みの方に
●「気」をめぐらせ、体にこもった熱を冷ますとともに、心を落ち着かせることで、脳の興奮からくる不眠を改善します。

価格

1,540円

(税込)
(14ポイント)
お買い物かごに入れる
第2類医薬品

半夏厚朴湯

はんげこうぼくとう

●気分がふさぐ、のどに違和感がある、不安を感じやすい方に
●不安神経症、のどのつかえ感、せき、しわがれ声などに効果があります。

価格

1,540円

(税込)
(14ポイント)
お買い物かごに入れる
第2類医薬品

抑肝散加陳皮半夏

よくかんさんかちんぴはんげ

●ストレスでイライラする、気分が鎮まらず落ち着かない方に
●神経がたかぶるものの神経症、不眠症、小児夜泣き、小児疳症に効果があります。

価格

1,760円

(税込)
(16ポイント)
お買い物かごに入れる
第2類医薬品

苓桂朮甘湯

りょうけいじゅつかんとう

●体内の水分の偏在や代謝異常によるめまい、ふらつき、立ちくらみに
●気持ちが落ち着かず、動悸がする方に

価格

1,430円

(税込)
(13ポイント)
お買い物かごに入れる