更年期の症状に効果的な漢方の選び方

一般的な症状や対処法について

一般に閉経(約50歳)を中心とした前後5年間(合わせて10年間)を更年期と呼び、その時に起こる自律神経失調症を中心とした不定愁訴を主訴とする症候群を更年期障害といいます。

個人差はありますが様々な症状が現れます。原因は、女性ホルモンの分泌低下に伴う自律神経の失調症を主としています。医療機関では、女性ホルモン剤、向精神薬・抗うつ薬などの投与が行われています。
誰しも更年期は訪れるため、上手く付き合っていくことで、その後の健康に対する意識付けにも繋がります。
更年期の症状は、治療によって改善できるものです。日頃から食事や運動などに気をつけるほか、専門医と相談しながら、漢方薬などを上手に使って、快適に更年期をのりきりましょう。

漢方の考え方

漢方では、更年期障害は、「腎虚(じんきょ)」によるものと捉えます。「腎虚」とは加齢に伴って若さの源が減少してしまい、身体の機能が低下することです。更年期の諸症状は、加齢に伴って生じるため「腎虚」をベースに、そこに「自律神経の乱れ」(「気」や「血」のめぐりが悪くなって生じた)が加わって生じたと考えます。
漢方薬は、「腎虚」による機能低下を補い、「気」や「血」の流れを良くしたり、不足していた「血」を補うことで、自律神経を整え、更年期の不調改善します。更年期症状などの『婦人疾患』は、漢方薬の得意分野です!

いくつかの側面からあなたの更年期症状のタイプを判断します。
よりチェックの多いものや、一番気になる症状があるものが、あなたにおすすめの処方です。

更年期

一番悩んでいる症状、あてはまる症状が多いものが
あなたのタイプかも!

のぼせ・イライラがある

加味逍遙散 加味逍遙散
  • 冷えたり、のぼせたりする
  • イライラすることが増えた
  • あれこれ気になる方だ
  • なんでもきちんとしたい方だ
  • 最近やる気が起きない

ホットフラッシュ・ほてり

知柏地黄丸 知柏地黄丸
  • 顔や手足がほてる
  • 更年期である
  • 足腰がだるい
  • 口が渇く
  • 頻尿

冷えがある・めまい

当帰芍薬散 当帰芍薬散
  • 月経異常・貧血
  • 体が冷えやすい
  • 貧血で顔色が白い
  • むくみやすい
  • 月経量が少ない

肩こりや冷えのぼせ

桂枝茯苓丸 桂枝茯苓丸
  • 月経痛・血の道症
  • 下半身は冷えるが顔はほてる
  • 血行がわるい
  • 下腹部が痛む
  • シミやアザができやすい

商品表示方法:
一覧
サムネイル

4件の商品があります。

第2類医薬品

加味逍遙散

かみしょうようさん

●女性特有の症状などでお悩みの方に
●疲れやすい方の冷え症や、生理不順などに効果があります。

価格

1,650円

(税込)
(15ポイント)
お買い物かごに入れる
第2類医薬品

桂枝茯苓丸

けいしぶくりょうがん

●のぼせや足冷えを伴う生理の痛み、しみ、肩こり、打ち身などの症状がある方に
●「血(けつ)」のめぐりをよくすることでこれらの症状を改善します。

価格

1,650円

(税込)
(15ポイント)
お買い物かごに入れる
第2類医薬品

知柏地黄丸

ちばくじおうがん

●口渇、疲れ・だるさなどの症状のある方に
●顔や四肢のほてり、排尿困難、頻尿、むくみに効果があります。

価格

1,650円

(税込)
(15ポイント)
お買い物かごに入れる
第2類医薬品

当帰芍薬散

とうきしゃくやくさん

●顔・手足などのむくみや冷えにお悩みの方に
●全身に大切な栄養素を与え、血行を良くするのと同時に、水分代謝を整えることで、足腰の冷え症や生理不順を改善します。

価格

1,430円

(税込)
(13ポイント)
お買い物かごに入れる