疲れに効果的な漢方の選び方

一般的な症状や対処法について

疲れとは身体を守るための警告信号です。疲労の状態に陥ると、心身の反応が遅くなったり、集中力・注意力の低下が起きたり、手足がだるく、肩こりや腰痛が起こることもあります。
エネルギーの産生にはブドウ糖、ビタミンB群、その他酵素など様々なものが関わっており、OTC医薬品の疲労改善では、エネルギーの産生を促すことを目的にビタミンB群を主体とした栄養素の補給が中心的に行われます。

漢方の考え方

漢方では、身体活動の源となるエネルギーを「気」と捉えています。気の産生には胃腸の働きを担う「脾(ひ)」と呼ばれる臓器が重要であり、「脾」が健やかであると、食欲が湧き、体も元気な状態になると考えています。また「脾」は「血」と呼ばれる栄養物質を生み出す源でもあります。
食欲が落ちて元気の出ない状態を、漢方では「脾」が弱ったために気が上手く作れずに起こる疲労と捉え、「脾」の機能を高める治療を行い、症状を改善します。

あなたの疲れのタイプをチェックしてみませんか。よりチェックの多いものや、一番気になる症状があるものが、あなたにおすすめの処方です。

疲れ

一番悩んでいる症状、あてはまる症状が多いものが
あなたのタイプかも!

慢性的に疲れがある

補中益気湯
  • 朝起きるまでに時間がかかってしまう
  • 寝ても疲れがとれない
  • 手足がだるい
  • 軟便、下痢気味で食事がおいしく感じられない

ちょっとしたことですぐに疲れを訴えてしまう

十全大補湯
  • 貧血
  • 手足の冷え
  • 食欲がなく、疲れが抜けない
  • 髪のパサつきや肌荒れが気になる

商品表示方法:
一覧
サムネイル

2件の商品があります。

第2類医薬品

補中益気湯

ほちゅうえっきとう

●胃腸の働きが衰えて食欲のない方に
●朝から体がだるく、疲れが取れない方に

価格

2,200円

(税込)
(20ポイント)
お買い物かごに入れる
第2類医薬品

十全大補湯

じゅうぜんたいほとう

●疲れやだるさ、病後の体力低下でお悩みの方
●貧血、手足の冷えでお悩みの方

価格

2,200円

(税込)
(20ポイント)
お買い物かごに入れる