不眠に効果的な漢方の選び方

一般的な症状や対処法について

なかなか眠れない、以前は朝までぐっすり眠れたのに夜中に何度も目を覚ましてしまう・・。不眠に対する不安を感じていませんか?

不眠の原因は人によって様々です。原因によって生活習慣を見直すだけで改善する場合や、医師による治療が必要になる場合もあるなど、対処法も変わってきます。主な原因としては、加齢、環境の変化、ストレス、症状(痛みやかゆみ)、精神医学的(鬱、不安)、薬理学的(薬の作用)原因と関連があります。まずは生活改善から始めてみましょう!

漢方の考え方

漢方では、不眠の原因は、ストレスなどによって生じる 自律神経系の乱れと栄養不足として捉えています。
「気のめぐり」を改善し、自律神経系を整える、「血」を補って、栄養不足を改善することで不眠を改善します。
漢方薬は、ストレスによる不眠か、栄養不足による不眠か、なかなか寝つけないのか、眠りが浅いのかにより処方を使い分けします。
あなたの不眠状態をチェックしてみませんか。チェックが多いようなら、漢方薬でのケアがおすすめです。

不眠

一番悩んでいる症状、あてはまる症状が多いものが
あなたのタイプかも!

なかなか眠れない

柴胡加竜骨牡蛎湯 柴胡加竜骨牡蛎湯
  • 寝つきが悪い
  • イライラしやすい
  • 普段からストレスを感じる
  • のぼせやすい
  • あれこれ考えて眠れなくなる

商品表示方法:
一覧
サムネイル

1件の商品があります。

第2類医薬品

柴胡加竜骨牡蛎湯

さいこかりゅうこつぼれいとう

●ストレスでイライラする、不眠などでお悩みの方に
●「気」をめぐらせ、体にこもった熱を冷ますとともに、心を落ち着かせることで、脳の興奮からくる不眠を改善します。

価格

1,540円

(税込)
(14ポイント)
お買い物かごに入れる