独活葛根湯(どっかつかっこんとう)

商品表示方法:
一覧
サムネイル

1件の商品があります。

第2類医薬品

独活葛根湯

どっかつかっこんとう

いつもの肩こりに

●「独活葛根湯」は、中国の唐の時代に王トウ[オウトウ]が著わした医書『外台秘要[ゲダイヒヨウ]』に収載されている薬方です。
●肩こり、四十肩、五十肩、寝ちがえに効果があります。

価格

1,320円

(税込)
(12ポイント)

はじめに

独活葛根湯は、肩こりや四十肩、五十肩、寝ちが違えのある方にお勧めの漢方薬です。

症状・働き

漢方では、肩こりや五十肩などの痛みは、冷えや湿気などが影響し、気血のめぐりが悪くなることで起こると考えています。冷房の効きすぎ、長時間のデスクワーク、人間関係のストレスなどにより、肩周辺の血液循環が悪化することで、症状がさらに悪化してきます。
独活葛根湯は、冷えや湿気を取り除き、身体を温め、肩周辺の血行を促し、肩や首筋の筋肉をほぐすことで、肩こりや五十肩などの痛みの症状を改善します。

効能・効果

体力中等度又はやや虚弱なものの次の諸症:四十肩、五十肩、寝ちがえ、肩こり

服用期間

まずは4日程お試しいただき、
効果実感があれば1ヶ月を目安に服用を続けることをお勧めします。

他の漢方薬

痛みの症状で用いることができる漢方薬は、他にもあります。
肩こりや五十肩などで肩が痛む方には『独活葛根湯』、慢性的に関節がこわばり、膝を曲げると痛む関節痛には『疎経活血湯』、足腰が重だるく、しびれや痛みを感じる方には『牛車腎気丸』が用いられます。

注意点・併用

他にお薬を服用している場合は、確認のため、かかりつけの医師、
薬剤師または登録販売者にご相談ください。

生活アドバイス

パソコンやスマートフォンを長時間使用すると肩がこりますので、同じ姿勢を続けず、適宜、肩周辺の筋肉を動かしましょう。
ぬるめのお湯につかり、肩周辺の筋肉を温めましょう。